「ガンプラ」全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開しています

ガンプラ 製作 徹底解説
旧キット 1/144 マゼラアタック の作り方

発売月 1982年5月 / 価格 \600 〜 \800

機動戦士ガンダム登場、ベストメカ・コレクションとして80年代に発売された、1/144プラモデル、 マゼラアタックの製作手順を細かく掲載します。

1/144マゼラアタック(プラモデル,ガンダム)

マゼラアタック 旧キット1/144 プラモデル

機動戦士ガンダム他に登場する、独立戦争開戦時のジオン公国軍地上用大型戦車。

地上制圧の際、資金的問題から数をそろえられなかったモビルスーツを補う形で投入された、らしいです。

構造上、砲塔は旋回しません。ただし、砲塔部は離脱しマゼラトップとして飛行が可能、敵陣の奥深くまで突入・攻撃を行うという戦法を可能にしました。また戦車本体(マゼラベース)が損傷・自走不能になった時の離脱ユニットも兼ねています。


第1次ガンプラブームのさなかに発売された、非MS系ガンプラのひとつ、1/144マゼラアタック。
あのころは、とにかくどんなものでも製品化すれば売れる時代、ドダイYSやミデア輸送機なんかも製品化なってました。

このマゼラアタックは、ドダイやミデアのような輸送機ではなくバリバリ戦う兵器でしたので、輸送系よりは人気がありました。
とくに量産ザクとならべると 非常に相性がよいので、私のまわりでは奪い合いになってましたね。

この1/144マゼラアタックにつきましては、箱・説明書ともに紛失。申し訳ございません。箱写真のみかろうじて残存。

1/144マゼラアタック(プラモデル,ガンダム)

完成写真
1/144マゼラアタック(プラモデル,ガンダム)
正面。3連機銃はわずかながら上下左右に稼働します。
マゼラトップの砲は上下稼働。
マゼラトップとマゼラベースは分離・脱着可能。

1/144マゼラアタック(ガンダム,プラモデル)
マゼラベース。マゼラトップの分離脱着部にハッチらしきものがありますが基本マゼラベースは無人なので、作業用、でしょう。

1/144マゼラアタック(プラモデル,ガンダム)
後方。
色分けは私の適当配色で、オリジナルに沿ったものではないです。

マゼラトップ砲は着脱できるように接着はなしです。
今回、戦車の質感を表現するため、機体塗装のこすれハガレをウェザリングで表現しています。
また、スミ入れの際にはみでた部分を除去する時に、あえてすすけた感じのまま残しています。

なお、おまけとして、砲口をザクに持たせる用の「マゼラトップ砲」用のパーツもあります。
1/144マゼラアタック(プラモデル,ガンダム)


改良点・塗装について

マゼラアタックの無限軌道機構は動きません。ガンタンクと同じくベルトを巻いて完了。
マゼラアタック(プラモデル,ガンダム)
塗装は巻く前に。

三連機銃の先端にはくぼみを入れて穴があいているっぽくしました。
マゼラアタック(プラモデル,ガンダム)

マゼラトップ、コクピットの位置決めは目印がなく完全に「感覚」です。
1/144マゼラアタック(プラモデル,ガンダム)

パネルライン(=パーツに形成された装甲のつなぎ目みたいなスジ線を指します)へのスミ入れ は、エナメルカラーを使用。

エナメルカラー(上)

その他の必須工具

  • ニッパー
  • タミヤセメント(合わせ目消し用)
  • 瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆(エナメル用、水性用とそれぞれ用意)
パーツ一覧

@
1/144マゼラアタック(プラモデル,ガンダム)

パーツをみます。
戦車だけあって車輪パーツがたくさんあります。が、この車輪最終的には接着してしまいます。稼働はしません。
塗装色は、好みでいろんなカラーリングにするとよいかと思います。
私は箱のイラストに近づけるような感じでカーキ色にすることにしました。

A
1/144マゼラアタック(プラモデル,ガンダム)

開封したらまずパーツ洗浄
を施します。

旧キット 1/144 マゼラアタック マゼラベースの作り方・製作手順 の 解説です

@

1/144マゼラアタック(ガンダム,プラモデル)

1/144マゼラアタック(ガンダム,プラモデル)

車輪を組み立てます。
このように、2このパーツを合わせるだけのもの。この部分は完全接着です。
車輪は左右あわせて合計14個。
A

1/144マゼラアタック(ガンダム,プラモデル)

逆光なりわかりづらくなりましたが、カーキ色で塗装しています。
B

1/144マゼラアタック(ガンダム,プラモデル)

適当にランナーに差して乾燥待ち。
C

1/144マゼラアタック(ガンダム,プラモデル)

そしてこちらが、マゼラベースの本体部。
このように、パーティングラインがあります。
最終的にはこの部分は装甲板で隠れるので、そのまま放置してて大丈夫。
気になる方は消してもよいかと。
D

1/144マゼラアタック(ガンダム,プラモデル)

先にマゼラベースをカーキ色で塗装し、

車輪を差し込んでいきます。
ここは、接着の方向で。
E

1/144マゼラアタック(ガンダム,プラモデル)

こんな感じ。
F

1/144マゼラアタック(ガンダム,プラモデル)

1/144マゼラアタック(ガンダム,プラモデル)

次に、上の段の車輪の土台パーツ。
事前に同色で塗装。そして、車輪を接着。
後ろの黒い四角いのは、固定用にはさんだクリップです。
G

マゼラアタック(プラモデル,ガンダム)

塗装を完了させてから、マゼラベース本体へ接着します。
H

マゼラアタック(プラモデル,ガンダム)

下半分が一段落しました。
いずれ車輪は外装にて隠れますが、この段階でウェザリングを施すのもいいかも知れないと思いました。
I

マゼラアタック(プラモデル,ガンダム)

キャタピラ・・・というのは商標なので「無限軌道」というのが合ってるとおもうのですが、キャタピラがわかりやすいのでそう呼びます。
キャタピラを巻きます。
キャタピラ模様には向きが決められています。反対方向で巻かないよう、説明書とにらめっこしながら巻きました。
間違えたまま完成してしまうと、装甲板に阻まれてやりなおしができません。
また、結構キツめに巻くので、車輪パーツすべてが完全接着していないと、外れます。
J

マゼラアタック(プラモデル,ガンダム)

・・・こんな感じでひっぱりよせて、固定させます。
K

マゼラアタック(プラモデル,ガンダム)

キャタピラは塗装はしません。付着しているように見えるものは、茶色く色づけしたパテをすりこんでの、泥表現をしてみたところ。

ページを分けます。次もマゼラベースの組み立てが続きます。