ガンプラ(ガンダム プラモデル)の作り方をご案内。「ガンプラ120%!」

ガンダム系プラモデル、「ガンプラ」。HGシリーズを中心に、80年代の旧キット、MGも。全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開。

初心者にわかりやすい、プラモデル・ガンプラ製作手順、説明書と同じくらいの詳細解説!

ガンプラ 製作 徹底解説
HGUC 1/144 ガンダムEz8 の作り方

発売月 2013年4月 / 価格 \1,500 〜 \1.800
アニメ・ゲーム・美少女フィギュア画像

2013年4月に発売、機動戦士ガンダム 第08MS小隊HGUCスケールプラモデル、1/144 ガンダムEz8を掲載します。

無塗装、グレー部分の塗装のみで製作。スミ入れは黒とグレーを使い分け。あと、カメラアイだけはシールがついてるけど塗装にこだわりました。

HGUC ガンダムez8(プラモデル)

ガンダムEz8 HGUC1/144 プラモデル

ガンダムEz8は、OVA「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」に登場するモビルスーツ。Extra-Zero-8(08小隊特別機)の略。

陸戦型ジムや撃破したザク等現地調達の各種ジャンクパーツ等を利用して、中破状態のRX-79(G)陸戦型ガンダムを大規模改修した機体です。

シロー・アマダの乗機としてジオン公国軍秘密基地攻略作戦に参加、グフカスタムとアプサラスIIIを撃破、しかし本機は対アプサラスの際に大破しました。


HGUC ガンダムEz8 プラモデル
2013年4月発売、HGUC 1/144スケール、陸戦型ガンダム Ez8(イージーエイト)。HGUC 陸戦型ガンダムと作成感覚はほぼ同じのようです。

箱写真

完成写真
HGUC ガンダムez8(プラモデル)
本体の色は、パーツ色通り、ベージュっぽい白。
シールドは陸戦ガンダムと同じ色を使用して塗装。

HGUC ガンダムez8(プラモデル)
陸戦型ガンダムと武器携帯物が共用できます。
Ez8についてるパラシュートパックを陸戦ガンダムへ取付けることもできます。

HGUC 1/144 ガンダムEz8 の入手方法
当時は予約して買いましたが、現在は置いていない店も増えてきたみたいです。


Amazon へ リンク


改良点・塗装について

今回のガンダムEz8製作にあたって、塗装したのは、グレーの部分塗装。
本体は無塗装で製作しています。

足のくるぶしのところ、色分けされておらず、まるい部分以外をグレーで塗装しました。
HGUC ガンダムEz8,プラモデル

HGUC ガンダムEz8,プラモデル
塗った後。

カメラアイは、水性ホビーカラーのシルバーの上へエナメルカラー・クリアレッドを重ね塗り。
HGUC ガンダムEz8,プラモデル

頭部アンテナも塗装しました。
HGUC ガンダムEz8,プラモデル

胸部装甲板の左右突起、ピンバイスを使って穴を開けました。
HGUC ガンダムEz8,プラモデル

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

定番改装でもある、左右の腰アーマーの内側への、
空洞埋め。 エポキシパテを使いました。
HGUC ガンダムEz8,プラモデル

タミヤウェザリングツールも使用しました。=(解説)ウェザリング

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

ペーパーがけ面はポリシングクロスで完全に消してます。

装甲板裏面は水性ホビーカラー、H-69 RLM75グレーバイオレットを塗りクオリティを上げてます。

RLM75グレーバイオレット。 Mr.カラーにも同色あります。

パネルライン(=パーツに形成された装甲のつなぎ目みたいなスジ線を指します)へのスミ入れ は、超極細ペンのコピックマーカー0.02(文具店で入手)と、ハケ付きエナメルカラースミ入れ用 を両方使用。

エナメルカラー(上)、コピックマーカー(下)

その他の必須工具

  • ニッパー
  • タミヤセメント(合わせ目消し用)
  • 瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆(エナメル用、水性用とそれぞれ用意)

今回はこのガイドの指示通りの色で塗っておりませんのでご了承くださいませ

スマホで閲覧している方へ

写真が見づらい場合は拡大もしくは横スマホで

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

箱絵。第10話〜の鉱山基地市街地戦を思わせるイラスト。左に「ジム頭」もみえます。
パーツ一覧 (画像クリックで別表示)

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

パーツ一覧です。 A1。本体パーツ。色もEz8らしいアイボリーホワイト。塗装なしでもいけそうです。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

A2。本体パーツその2。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

B1、B2
B2はパラシュート。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

C1。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

C2、D、サーベルパーツ

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

ポリキャップ、シール。
髪の毛が映ったように見える線は、バックパックをつなぎとめる用のバンド。

HGUC 1/144 ガンダムEz8 胴体・上半身部の作り方・製作手順 の 解説です

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

胴体のブルーは、今回は塗装をせずパーツ色のまま製作しています。
これは胸部。
グレーで塗装しているメカ部分は、
ザクシールド装甲が上から重ね貼りされる際に隠れてしまう場所なのですが、一応塗装しました。
色は、説明書によれば「グレー80%+ブラック20%」ですが、私はRLM74ダークグレーを使用。
また、肩の関節内側もグレー塗装しています。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

腕が接合されるポリキャップを左右2こ差し込みます。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

次に腹部のグレーのパーツをはめ込みます。向き注意。
このパーツも今回は塗装せずパーツ色のままで組み立てています。
縦ラインへのスミ入れはしています

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

胴体パーツを貼り合わせ。
この合わせ目は消さずにラインとして活かすみたいです。

首のあたり、グレー塗装を施しましたが、次のえりパーツの差し込みでほぼ隠れるので、塗らなくても大丈夫てした。

ゲート処理のペーパーがけ跡を完全に消すのに、
320番→1000番→2000番と使うペーパー目を細かくしていき、最後にハセガワトライツール ポリシングクロスを使いカラ拭きにて対処しました。


ハセガワ TT-23 スーパーポリッシング クロス

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

えりパーツ。
このえりパーツの内側に、グレー塗装をしています。
アイボリー色の部分はパーツの色そのままで無塗装でいってます。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

胸部に取付ける、ドラム缶状パーツ。これは対人バルカン砲。
パーティングラインがありますので、ペーパーがけで消します。
バルカン砲のレール部分にはスミ入れをしておき、その後取り付け。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

こうなります。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

首のジョイントパーツ(ポリキャップ)をさしこみます。
前後向き注意です。くぼみのある方が、後ろ側です。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

ザクのシールドを流用したという設定、胸部の追加装甲。
両端の突起のところ、設定では穴があいているので、
ピンバイスで慎重に掘削。
穴をあけました。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

ドリルサイズをまちがえるとパキっと割ってしまうかも
見るからに合ってない・・・
片方だけではなく両方から穴開け。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

無事貫通。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

マーキングシールを貼ります。貼る場所は箱絵を参考に。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

追加装甲を胸部へはめこみます。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

写真ではわかりにくいですがアイボリー色した本体へのスミ入れは、エナメルカラー・ダークシーグレーを使っています。
バックパック (ステイパーツ)

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

まずはコンテナを支える用のフレーム部を製作します。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

合わせ目は消します。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

三角マークにはシールを歯貼るか、エナメルカラー・ホワイトをスミ入れ。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

両端のバーニアを仕上げます。
バーニア自体はグレーのパーツ色のまま未塗装ですが、
スミ入れと、内部に赤を塗装しています。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

バーニアをさしこみます。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

下部のカギ爪パーツ。パーツをさしこんでおきます。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

下部へ、パチンと固定されるまではめこみます。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

上側のステイパーツ。
差し替えで90度角度をかえて、コンテナetcを挟み込むようにできてますが、今はたたんだ状態で置いておきます。
写真にはまだ未着手ですが、このパーツは中が空洞なので、パテで埋めるとよいと思います。
これでバックパックステイは完了。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

コンテナをはさむ形態。ジャンプ後こいつを背後の建物に突き刺してフェイクをかける戦法もありました。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

背中へはめこみます。

HGUC ガンダムEz8,プラモデル

胴体上半身(胸部)が完成しました。

次のページでは、頭部の組み立てを全掲載・解説します。