「ガンプラ」全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開しています

ガンプラ 製作 徹底解説
HGUC 1/144 陸戦型ガンダム の作り方 -4-

発売月 2007年6月 / 価格 1,400円 ~ 1,800円

HGUC 1/144 RX-79(G)陸戦型ガンダムの製作課程をすべて掲載しています。ここは腕部の製作手順を案内中。

最初から見る》HGUC 1/144 陸戦型ガンダム解説

HGUC 陸戦型ガンダム (第08MS小隊)

陸戦型ガンダム HGUC1/144 プラモデル


このページで完成させる部位の完成写真


改良点・塗装について

塗装は、ABS樹脂へはおすすめできないと説明書に書いてありましたがひじ関節と拳はダークグリーン系で塗りました。たぶんすぐ剥がれることでしょう。

ペーパーがけ面はポリシングクロスで完全に消してます。
ハセガワ・スーパーポリッシングクロスでから拭きするだけで、ペーパーがけ跡のザラザラ部が消せます。

Amazon.co.jpでも普通に入手できます。

パネルライン(=パーツに形成された装甲のつなぎ目みたいなスジ線を指します)へのスミ入れ は、エナメルカラー を使用。

エナメルカラー(上)

その他の必須工具

  • ニッパー
  • タミヤセメント(合わせ目消し用)
  • 瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
  • エポキシパテ(肉抜き空洞埋め用)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆(エナメル用、水性用とそれぞれ用意)

今回はこのガイドの指示通りの色で塗っておりませんのでご了承くださいませ

HGUC 1/144 陸戦型ガンダム 腕部の作り方・製作手順 の 解説です


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

腕の組み立ては、ここでは右腕のみ解説しています。
最初は、肩の内部パーツを組み立てます。
ポリキャップを間に挟んで、接着します。
あまり目立たない箇所ではありますが、一応、合わせ目消しの部分があります。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

そのパーツを間にはさみ、肩装甲パーツを組み立てます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

これで肩パーツはひとまず放置します。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

ひじ関節を組み立てます。
関節パーツにはパーティングラインが中央をはしっていたりするので、ペーパーがけで処理しておきます。
関節パーツは、ABS樹脂という原料でできているので、塗装と相性がよくなく、すぐはがれるみたいです。
ですので、塗装はおすすめしていないと取説にもありますが、とりあえず関節部は色を合わせておかねばならないので警告を無視して塗りました。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

平べったいパーツに、棒状パーツを差し込むことで二重関節が構成されます。このまま差し込みます。
あと、関節パーツは向きが決められています。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

二本目のパーツをさしこみます。
この二本の棒状パーツも上と下がありますのでパーツ番号よく確かめて。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

ふたをかぶせる感じで最後のパーツを差し込み完成です。
合わせ目はあまり目立たないしこのまま消さずにいても大丈夫です。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

ひじより先の腕部分。
組み立て前に、ひじにくる裏側部分、ここを先にガンダム本体色で塗装しておきます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

腕の先、ポリキャップをさしこみます。
手首が差し込まれる部分です。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

先ほど組み立てた関節パーツを、丸い穴を通してはめこみます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

腕パーツを貼り合わせます。合わせ目消しがあります。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

ひじと肩の中間をつとめるこのパーツをあいだにはさみ、すべてのパーツをドッキングします。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

最後に、手、マニピュレーターという言い方もしますが素直に手という言い方でいきます。
手もABS樹脂という素材パーツなので塗装がはがれる可能性大ありなのですが、関節と同じ色で塗装しました。
右手はガングリップを持つタイプと、ふつうの(もしくはをもつ)タイプとが選んで取り付けられるようになってます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

手の甲を合わせます。(マシン**)やキャノンをもたせる場合はグリップを挟んで、反対側の手パーツをつなぎます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

腕への装着は、そのままかちっと差し込むだけ。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

これで腕は完成です。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

胴体へつなぎます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

反対側の腕も、同じ行程なので掲載を略しましたが、組み立てます。

次のページでは、腕部の組み立てを全掲載・解説します。