「ガンプラ」全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開しています

ガンプラ 製作 徹底解説
HGUC 1/144 陸戦型ガンダム の作り方 -2-

発売月 2007年6月 / 価格 1,400円 〜 1,800円

HGUC 1/144 RX-79(G)陸戦型ガンダムの製作課程をすべて掲載しています。ここは頭部とマシンガン、キャノン砲の製作手順を案内中。

最初から見る》HGUC 1/144 陸戦型ガンダム解説

HGUC 陸戦型ガンダム (第08MS小隊)

陸戦型ガンダム HGUC1/144 プラモデル


このページで完成させる部位の完成写真


改良点・塗装について

頭部Vアンテナはセオリー通りシャープにとがらせました。

ペーパーがけ面はポリシングクロスで完全に消してます。
ハセガワ・スーパーポリッシングクロスでから拭きするだけで、ペーパーがけ跡のザラザラ部が消せます。

Amazon.co.jpでも普通に入手できます。

パネルライン(=パーツに形成された装甲のつなぎ目みたいなスジ線を指します)へのスミ入れ は、エナメルカラー を使用。

エナメルカラー(上)

その他の必須工具

  • ニッパー
  • タミヤセメント(合わせ目消し用)
  • 瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
  • エポキシパテ(肉抜き空洞埋め用)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆(エナメル用、水性用とそれぞれ用意)

今回はこのガイドの指示通りの色で塗っておりませんのでご了承くださいませ

HGUC 1/144 陸戦型ガンダム 頭部の作り方・製作手順 の 解説です

@
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

頭部パーツを組み立てます。まずは目。
シールが付属されています。
今回は塗装をしています。

A
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

目のまわりの黒と、その下の赤、アゴの赤を先に塗装します。

B
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

それから目を塗装します。
色はイエローグリーン。
エメラルドグリーンでもOK。

C
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

そしてこちらは正面パーツ。
マスク部分を先に塗装します。
色はホワイト95%、グレー5%。(取説より)

D
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

目のパーツを裏から差し込みます。
はみ出し予防のため、接着剤は使わない方がいいかも。

E
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

後頭部パーツを貼り合わせ、頭部を組み立てます。

F
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

こんな感じ。
合わせ目は消します。

G
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

頭部を本体色で塗装します。
両サイドのくぼみはその上にパーツが乗るので、塗らなくても大丈夫。

H
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

カメラ部には、付属シールを使います。
塗装する場合は、はみ出しにとくに気をつけつつ、イエローグリーンもしくはエメラルドグリーン、つまり目と同じ色で塗装です。

I
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

これは、額の部分にくる、バイザーみたいな部分。
前もって本体色で塗装とスミ入れをやっておきます。

J
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

それから、両サイドにはめ込まれる、いわゆる耳の部分、ここも先に塗装&スミ入れを。

K
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

バイザーを頭部本体へ接着します。この合わせ目は消しません。

L
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

両サイドの耳パーツをつなぎます。奥までぐいっと押し込みます。

M
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

Vアンテナ。
セオリー通りとがらせます。

N
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

ちょっとブレて写ったけど、左側がとがらせたアンテナです。

O
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

これはアンテナの中央の、赤い部分。

P
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

アンテナを組み立てます。Vアンテナを間に挟んで・・・・

Q
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

この部分は外れると紛失率が高いので接着します。

R
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

頭部本体、額の四角い穴へ差し込みます。

S
HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

頭部が完成しました。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

胴体と接合します。
マシンガンを組み立てます


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

マシンガン本体パーツを貼り合わせます。
グリップの部分など一部パーティングラインがありますので、合わせ目と一緒にペーパーがけなどで処理しておきます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

この際、組み立てるパーツを全部塗装してしまいます。
本体はもちろん、銃床「ストック」、フォアグリップ(左手で持つ方)を同じ色、説明書によりますとニュートラルグレー90%、ブラック10%、ブルー少量 となってます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

銃口も塗装して、差し込みます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

ストックを、本体にはめこみます。稼働部です。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

グリップを差し込みます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

カートリッジを、陸戦ガンダム本体に使用した白と同じ色で塗装します。
ナナメ線はスミ入れもやっておきます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

カートリッジを差し込みます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

100mmマシンガンはこれで完成です。
キャノン砲を組み立てます


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

キャノン砲は格納もできるため、断層含めそれ自体が5つに分離します。まずパーティングラインを消します。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

左手用グリップを、砲身パーツの穴に差し込みます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

フタを閉めるような感じでこのパーツをつなぎます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

ややこしい場所に合わせ目があります。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

この時点で、本体その1に使用する全パーツを塗装します。色分け箇所はありません。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

パーツを組み立てます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

 
このパーツは向きに注意。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

 
これで本体その1は完成です。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

本体その2を組み立てます。これは右手のグリップ。
グリップを本体パーツに差し込み、貼り合わせます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

 
合わせ目を消し、塗装して、これで本体その2は完成。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

 
砲身の組み立てです。
砲身は2本をつなぎあわせる仕組み。
パーティングラインが縦に走っていますので処理しておきます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

 
銃口側のパーツには、半月型のでっぱりがあります。
ここに、銃口を差し込みます。
もう一方の根元側のパーツは、それ自体組み立てはありません。
パーティングラインを処理するぐらい。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

 
2本とも塗装します。
これで、砲身は完成です。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

 
そしてこれが最後のパーツ、弾層。貼り合わせて合わせ目を消します。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

 
組み立ててキャノン砲にしてみます。
本体その1のくぼみに、その2をさしこみます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

 
砲身をさしこみます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

 
さらにその先に砲身をつなぎます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

 
弾層を差し込みます。


HGUC陸戦型ガンダムの製作(プラモデル)

 
これで180mmキャノンとなりました。
なおコンテナに積み込むには分解します。

次のページでは、シールドとコンテナ部の組み立てを全掲載・解説します。