「ガンプラ」全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開しています

ガンプラ 製作 徹底解説
HGCE 1/144 フォースインパルスガンダム新生版 (ガンダムSEED DESTINY)の作り方

発売月 2016年6月 / 標準小売価格 1,800円(税別)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 「フォースインパルスガンダム」2018年発売の新生版、HGCE 1/144プラモデルの作成手順をすべて撮影、完成画像および作り方を細かくご案内いたします。
2004年に発売された初回版はこちら→

HG フォースインパルスガンダム (ガンダム)

HGCE 1/144 フォースインパルスガンダム

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY登場、第2クールまでは主役だった、ザフト所属モビルスーツ。戦闘機コア・スプレンダーを中心に上半身チェストフライヤー、下半身レッグフライヤーが合体しモビルスーツ形態となります。

背中に換装するシルエットにて多様な戦闘に特化した機体になり、戦闘中に替えることも可能としました。

量産機ではないものの上半身と下半身パーツは複数生産配備されている模様。破損時に即座に分離し新パーツを再換装する戦術スタイルは合理的で、対ザムザザー戦で破損した脚部とフォースシルエットをソードシルエットに換装し対艦刀にて敵艦を全て撃沈したほか、対フリーダムガンダム戦では大破された胸部を分離しフリーダムにぶつけて共爆させ、新換装後待機中のソードシルエットから対艦刀を装備してフリーダム胴体部を貫通、能力をいかんなく発揮し勝利することができました。


箱写真
HGCE 1/144 フォースインパルスガンダム

完成写真

分離時。
ガンプラ,コアスプレンダー 塗装

チェスト。フライヤー形態。
ガンプラ,コアスプレンダー 塗装

レッグ・フライヤー形態。
ガンプラ,コアスプレンダー 塗装

フォース・シルエット。
ガンプラ,コアスプレンダー 塗装

コア・スプレンダー。変形機構はありません。
ガンプラ,コアスプレンダー 塗装

付属武器はビームライフル、ビーム・サーベル。
初回版とのあきらかな違いは合体・分離ギミック再現、関節可動範囲の広さ。 

初回版にはなかった、フォースシルエットの、翼の”羽ばたき”稼働が追加されました。

シールドの手持ちができません。腕装着のみとなります。

パーツ写真

HGCE フォースインパルスガンダム,ガンダム

HGCE フォースインパルスガンダム,ガンダム

HGCE フォースインパルスガンダム,ガンダム

HGCE フォースインパルスガンダム,ガンダム

HGCE フォースインパルスガンダム,ガンダム

HGCE フォースインパルスガンダム,ガンダム

パーツは組み立ての前に洗うことをおすすめします。
参考:開封したらまずパーツ洗浄

製作時気になったところ・アレンジ・加工など

加工などは一切しませんでした。合わせ目消しも必要最低限程度です。
残念なのは説明書の完成写真が少ない点です。後述しますが付属のコア・スプレンダーおよび背中のコアスプレンダー変形形態、白パーツのみなので青や赤などの塗り分けが必要となります。が、説明書にほとんど写真が記載されていません。


塗装について

ボディの白、青、赤、黄についての色分けは完璧でした。
しかしながら、部分塗装が必要な箇所もあります。

特に、コアスプレンダーは白パーツのみの形成でシールもついていないため、ほぼ全箇所塗装となります。
ガンプラ,コアスプレンダー 塗装
水性ホビーカラーで主要箇所を筆塗り、スミ入れにエナメルカラーを使用しています。

フォースシルエットの根元部分のスラスターのグレーも塗る必要があります。

ペーパーがけ面はポリシングクロスで消してます。
ハセガワ・スーパーポリッシングクロスでから拭きするだけで、ペーパーがけ跡のザラザラ部が消せます。
 
Amazon.co.jpでも普通に入手できます。

装甲板裏面は水性ホビーカラー、H-69 RLM75グレーバイオレットを塗りクオリティを上げてます。

RLM75グレーバイオレット。 Mr.カラーにも同色あります。

パネルライン(=パーツに形成された装甲のつなぎ目みたいなスジ線を指します)へのスミ入れ は、超極細ペンのコピックマーカー0.03(文具店で入手)と、ハケ付きエナメルカラースミ入れ用 を両方使用。

エナメルカラー(上)、コピックマーカー(下)

その他の必須工具

  • ニッパー
  • タミヤセメント(合わせ目消し用)
  • 瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆(エナメル用、水性用とそれぞれ用意)

今回はこのガイドの指示通りの色で塗っておりませんのでご了承くださいませ

胴体・上半身部

@
ガンプラ,フォースインパルスガンダム

胸部、黄色いV字マークです。シールがついていますので、先に貼ります。貼ったときななめにならないよう注意。

A
ガンプラ,フォースインパルスガンダム

ちょっと触れただけでずれるときがあります。もしかしたら貼るのはもっと後がよかったかもしれません。

B
ガンプラ,フォースインパルスガンダム

背中側フレームパーツをランナーから外し、首パーツを中に差し込みます。

C
ガンプラ,フォースインパルスガンダム

ガンプラ,フォースインパルスガンダム

さっきの前のフレームパーツをはさみます。

D
ガンプラ,フォースインパルスガンダム

装甲パーツです。色分けされています。

E
ガンプラ,フォースインパルスガンダム

ガンプラ,フォースインパルスガンダム

丸穴が両端にありますがここに肩用パーツ(ポリキャップではなく)が差し込まれます。向きに注意。

F
ガンプラ,フォースインパルスガンダム

そのままさきほどのフレーム部位の背中へ差し込みます。

G
ガンプラ,フォースインパルスガンダム

ガンプラ,フォースインパルスガンダム

表側の装甲も差し込みます。あらためてV字シールがゆがんでいないか確認します。

H
ガンプラ,フォースインパルスガンダム

ガンプラ,フォースインパルスガンダム

さらに胸部の、黄色い外枠パーツを左右とも差し込みます。

I
ガンプラ,フォースインパルスガンダム

胸部バルカン部。砲口に黒くスミ入れするにはマーカーがおすすめです。

J
ガンプラ,フォースインパルスガンダム

ガンプラ,フォースインパルスガンダム

色分けされているうす水色パーツとつなぎ合わせます。これが固くて途中で止まってしまい密着しないことがあります。事前にヤスリがけなどで差込部を削っておくとよいです。が、やりすぎるとダルダルになりますので注意です。

K
ガンプラ,フォースインパルスガンダム

胸部中央へ差し込みます。

L
ガンプラ,フォースインパルスガンダム

かわって、腹部の赤パーツです。
中へ可動用パーツを1つ差し込みます。

M
ガンプラ,フォースインパルスガンダム

胸部へつなぎます。

N
ガンプラ,フォースインパルスガンダム

さらにその下側へ白パーツを差し込みます。

O
ガンプラ,フォースインパルスガンダム

これで、胴体・上半身部が完成しました。

次は、頭部を組立掲載します。