「ガンプラ」全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開しています

ガンプラ 製作 徹底解説
HGUC 1/144 ザクI・スナイパー (ガンダム戦場の絆)の作り方

発売月 2006年11月 / 標準小売価格 1,400円 (税別)

ザクI (MS-05)をベースに遠距離狙撃仕様とした、ザクI・スナイパー、こちらの「機動戦士ガンダム戦場の絆」というアーケードゲームにて登場したバージョンのHGUC 1/144ガンプラを作成、撮影、掲載いたします。作成手順すべて撮影、完成画像および作り方も細かくご案内します。

HGUC ザクI・スナイパー (ガンダム)

HGUC 1/144 ザクI・スナイパー

 

ハーモニー・オブ・ガンダムという名の一年戦争末期における局地戦用MS設定プロジェクトがあり、その中で誕生した機体。機動戦士ガンダム戦場の絆のようなアーケードゲームや、ギレンの野望といったコンシューマーゲーム機ソフトに登場、本製品は戦場の絆バージョンとして発売されています。
アニメでの初登場はOVAガンダムUC EP-4。ジオン軍残党のヨンム・カークス少佐の愛機として登場し飛行ファットアンクル(MS輸送機)から地上の連邦軍MSを狙撃しました。こちらの機体も別製品で販売されています(頭部に指揮官アンテナがついています)。

 


箱写真
HGUC ザク・スナイパー

HGUC ザク・スナイパー

HGUC ザク・スナイパー

HGUC ザク・スナイパー

完成写真

 

付属武器はビーム・スナイパー・ライフル、ザク・マシンガン。
色分け塗装が必要な箇所がありました。

 

パーツ写真

HGUCザクI・スナイパー,ガンダム

HGUCザクI・スナイパー,ガンダム

HGUCザクI・スナイパー,ガンダム

HGUCザクI・スナイパー,ガンダム

HGUCザクI・スナイパー,ガンダム

パーツは組み立ての前に洗うことをおすすめします。
参考:開封したらまずパーツ洗浄

製作時気になったところ・アレンジ・加工など

ライフルの、根本にある穴。ここはパイプやらいろいろ差す穴なので、決してパテなどで埋めてはいけません。
ガンプラ,ザクI・スナイパー
私はうっかり埋めてしまい、あとで開け直すという手間を増やしてしまいました。

センサーのシールは緑色のテカリ具合がなんとなく違和感があるといつも思っていますので、台紙の状態で上から塗って、乾いてから剥がして貼りました。写真は塗る前のものです。
ガンプラ,ザクI・スナイパー


塗装について

ボディカラーのベージュっぽい色は、水性ホビーカラー H-85 セールカラー 100% を塗りました。関節フレームはもっと色の明るいグレーにしようと思い、水性ホビーカラーH-69 RLM-75グレーバイオレットを使用しました。

 

ペーパーがけ面はポリシングクロスで消してます。
ハセガワ・スーパーポリッシングクロスでから拭きするだけで、ペーパーがけ跡のザラザラ部が消せます。
 
Amazon.co.jpでも普通に入手できます。

装甲板裏面は水性ホビーカラー、H-69 RLM75グレーバイオレットを塗りクオリティを上げてます。

RLM75グレーバイオレット。 Mr.カラーにも同色あります。

パネルライン(=パーツに形成された装甲のつなぎ目みたいなスジ線を指します)へのスミ入れ は、超極細ペンのコピックマーカー0.03(文具店で入手)と、ハケ付きエナメルカラースミ入れ用 を両方使用。

エナメルカラー(上)、コピックマーカー(下)

その他の必須工具

  • ニッパー
  • タミヤセメント(合わせ目消し用)
  • 瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆(エナメル用、水性用とそれぞれ用意)

今回はこのガイドの指示通りの色で塗っておりませんのでご了承くださいませ

胴体・上半身部

@
ガンプラ,ザクI・スナイパー

肩の関節部位を仕上げます。ポリキャップを1個差し込み。
パーツ番号は異なりますが両肩分、2つあります。

A
ガンプラ,ザクI・スナイパー

胴体パーツの内部へ、肩関節部位を差し込みます。

B
ガンプラ,ザクI・スナイパー

首にあたるポリキャップを差し込みます。四角い穴が後ろに来るように、向きに注意です。

C
ガンプラ,ザクI・スナイパー

腹部、腰部とつなげる用のポリキャップも差し込みます。

D
ガンプラ,ザクI・スナイパー

肩の別の武器などを積載するようのラッチを付けます。

E
ガンプラ,ザクI・スナイパー

ここまでの取り付けができたら、胴体の背中パーツを貼り合わせます。
合わせ目は特に消さなくて大丈夫そうです。

F
ガンプラ,ザクI・スナイパー

ガンプラ,ザクI・スナイパー

胸部の装甲を付けます。が、その前に、この胸部、下半分が色が違います。
グレーではなく本体色のようです。なので、先に塗りました。

G
ガンプラ,ザクI・スナイパー

ラッチのとこ、カバーを付けます。

H
ガンプラ,ザクI・スナイパー

これで胴体上半身部が完成しました。
写真には頭部が見えますがこれは撮影タイミングを間違えたためです。頭部の組み立ては次の頁で掲載します。

次のページでは、頭部の組み立てを全掲載・解説します。