「ガンプラ」全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開しています

ガンプラ 製作 徹底解説
HG 1/144 ガンタンク初期型 の作り方

発売月 2015年5月 / 箱掲載小売価格 1,700円

機動戦士ガンダム・ジ・オリジン登場、連邦軍兵器 「ガンタンク初期型HG 1/144プラモデルの作成手順をすべて撮影、完成画像および作り方を細かくご案内いたします。

HG ガンタンク初期型 (ガンダム)

ガンタンク初期型 HG1/144 プラモデル

機動戦士ガンダム・ジ・オリジン登場、モビルスーツが出回る前、連邦軍が実戦配備していた量産兵器。採用されたのはUC0065。

主に治安維持のために各コロニーに配備されました。人型上半身を彷彿とさせる胴体部と無限軌道(いわゆるキャタピラ。キャタピラは登録商標)を合体させたデザインは一年(//)時代にV計画での支援兵器だったおなじみのガンタンクより以前からあったようです。

操縦コクピットは下部にありますが、頭部に相当する頭頂部にも操縦システムがあります。

ORIGIN-I「青い瞳のキャスバル」では、幼少時代のキャスバルとアルテイシアが、クラウレ・ハモンに連れられてコロニーを脱出する際の移動手段としても使われました。


箱写真

完成写真
HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)
無限軌道をこのようにハの字状にして、機動力を上げる構造が再現できます。
腕にあたる4連装機関砲も、腕とほぼ同じ可動範囲。
肩のキャノン砲はそれほど上方向へ向けられません。
頭部コクピットは開きません。

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)
無限軌道は一体型固定パーツ。当然動かせません。
あくまでディスプレイモデルとしての製品のようです。


改良点・塗装について

スミ入れは0.03コピックペンの黒でなぞり、腹部など設定と違うなど、必要な箇所にのみ塗装を筆塗りで行っています。

高度な改造や技術は取り入れておりません。素組みに毛がはえたぐらいの感覚で見てくださるとありがたく思います。

ペーパーがけ面はポリシングクロスで完全に消してます。
ハセガワ・スーパーポリッシングクロスでから拭きするだけで、ペーパーがけ跡のザラザラ部が消せます。

Amazon.co.jpでも普通に入手できます。

装甲板裏面は水性ホビーカラー、H-69 RLM75グレーバイオレットを塗りクオリティを上げてます。

RLM75グレーバイオレット。 Mr.カラーにも同色あります。

パネルライン(=パーツに形成された装甲のつなぎ目みたいなスジ線を指します)へのスミ入れ は、超極細ペンのコピックマーカー0.03(文具店で入手)と、ハケ付きエナメルカラースミ入れ用 を両方使用。

エナメルカラー(上)、コピックマーカー(下)

その他の必須工具

  • ニッパー
  • タミヤセメント(合わせ目消し用)
  • 瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆(エナメル用、水性用とそれぞれ用意)

今回はこのガイドの指示通りの色で塗っておりませんのでご了承くださいませ

パーツ一覧

 

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

 

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

 

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

 
パーツは組み立ての前に洗うことをおすすめします。参考:開封したらまずパーツ洗浄  

HG 1/144 ガンタンク初期型 胴体下部の作り方・製作手順 および 解説です


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

このパーツは、無限軌道部(キャタピラという方が伝わりやすいのですが商標なので無限軌道という言い方をしています)
と本体部とを接合する関節パーツです。
パーティングラインがゲート跡とともにあるのでペーパーがけで消します。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

先端に、ポリキャップをはめ込みます。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

本体・下側のパーツの、左右へ差し込みます。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

上から本体・上部パーツを貼りあわせます。
合わせ目消しは不要。
今回は塗装なし、スミ入れみ行っていますが、
そのスミ入れも従来のエナメルカラー流し込みではなくもっと手軽なマーカー引きで行っています。
私が好んで使うペンは、コピックというメーカーから販売されている、0.03ペン。
このくらい細ければ、たいていのモールドミゾで表している線)に入り込んでなぞれます。
はみ出たら、乾く前に指でこすれば消えてくれるので修正もラク。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

小さいパーツを付け足していきます。
まずは3連装機**から。
機**の先端、先端部部は黒く塗りつぶして、先端部っぽくしておきます。
それから本体部へ差し込みます。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

向きがきまっていますので間違い注意。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

本体コクピット部、ハッチとセンサーも、とりつけます。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

とりあえず、小物の取り付けは、できました。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

次、上半身部との連結部パーツを仕上げます。
真ん中のくぼみにポリキャップをはめこみ、
左右の半月形パーツをつなぎあわせます。
これも合わせ目消し不要。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

組立後、パッケージイラストの通り、4コある小さな丸い突起には、エメラルドグリーン系の塗装をしました。
説明書には「窓等グリーン部:エメラルドグリーン40%+スカイブルー30%+ホワイト10%」と記載あります。
水性ホビーカラー使用です。
スミ入れもして、それから、本体部へ差し込みます。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

ここまで、できました。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

次にフロント部。
牽引用フック孔と思われる、この小さなパーツ、
無くさないようきをつけつつ、左右にはめこみます。
上下向き注意。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

それから、本体の前部へつなぎます。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

そして後部。
バンパーと思わしき棒状のパーツをつなぐ前に、スミ入れをしておきます。
それから、バンパーパーツを差し込みます。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

その後部パーツを本体へつなぎます。
この接合面はずれた感じで段差ができます。これで正解。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

かわって、無限軌道部を組み立てます。
無限軌道部は、HGUC RX-75ガンタンクのようなベルト状のものを巻くのではなく、はじめからパーツとして一体化されています。
組み立てはラクですが、スミ入れが多すぎ。めんどい。
内側にある円状の部分に、車輪をはめ込んでいきます。
3箇所だけ、パーツ番号が決められていますので、説明書とてらしあわせながら間違えないように車輪をはめこんでいきます。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

同じく、車輪をはめ込んでいきます。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

これは、もうひとつの無限軌道パーツ。
同じように、車輪をはめこんでいきますが、
こちら側は全部同じパーツ番号です。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

こうして出来上がった無限軌道パーツを、つなぎ合わせます。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

小さな補助パーツをさしこみます。
反対側にも。
場所と向き、間違い注意。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

無限軌道を支える、胴体側土台部、ポリキャップを1こ、先にはめ込みます。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

それから無限軌道パーツをつなぎます。
車輪パーツ番号を間違った場合、この組立ができません。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

外側の駆動機構部(と思われます)。
先にスミ入れをしておいて、土台部へ。
2こあります。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

できました。もう片方も、つくります。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

これも無塗装で、スミ入れのみ。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

本体へ差し込みます。
差し込み部位は3箇所。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

奥にみえるディテールに、サスペンションっぽいのがありまして、
黒く塗ったりして、らしく見せてみました。


HGUC RTX-65ガンタンク初期型の製作(プラモデル)

胴体部、無限軌道部、完成です。
お分かりの通り、構造上、無限軌道は動きません。

次のページでは、上半分胴体部の組み立てを全掲載・解説します。