「ガンプラ」全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開しています

ガンプラ 製作 徹底解説
HGUC 1/144 ガーベラテトラ の作り方 -5-

発売月 2013年7月 / 箱掲載価格 1,800円(税別)

HGUC 1/144 、ガーベラ・テトラ。製作行程を解説しています。ここはpage-5、腰部とブースターの解説です。

最初から見る→HGUC 1/144 ガーベラ・テトラ(ガンダム0083,プラモデル)HGUC ガーベラ・テトラ

HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

ガーベラテトラ HGUC1/144 プラモデル


このページで完成させる部位の完成写真
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)


改良点・塗装について

塗装せずともパーツ色がいい色合いしています。なので、無塗装でも十分なクオリティで仕上げられると思います。

気になったのはグレーのパーツで、バーニアやフレーム部のパーツCと、胴体後部のパーツDとが同じグレーでありながら色が異なることです。
同じ色で統一させるには塗装が必要のようです。

パネルライン(=パーツに形成された装甲のつなぎ目みたいなスジ線を指します)へのスミ入れ は、エナメルカラー を使用。

エナメルカラー(上)、コピックマーカー(下)

その他の必須工具

  • ニッパー
  • タミヤセメント(合わせ目消し用)
  • 瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆(エナメル用、水性用とそれぞれ用意)

HGUC 1/144 ガーベラテトラ 腰部の作り方・製作手順 と 解説です

@
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

このページで、ガーベラ・テトラ本体が完成します。腰部の組み立てです。
実は腰部の組み立てパーツはとても少なく、何の苦労もなく完成させられます。
まずポリキャップを間にはさんで、赤い外装パーツとフレーム部のグレーパーツとを合わせます。
このポリキャップは、アクションベーススタンドとの接合用。

A
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

そのグレーパーツを上からかぶせるような感じで、正面側の外装パーツをさしこみます。
グレーパーツの先端、四角いくぼみ部分、ここには黒く塗装をしておきます。

B
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

その上からも、外装パーツをはめこみます。
この行程を終えれば、腰部は完成です。簡単でした。

C
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

脚パーツをつなぎます。

D
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

腰部完了。上半身とも接合させます。

E
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

本体はこれで完成です。
シュツルム・ブースター

F
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

ここからは、背中のシュツルム・ブースターを組み立てます。
ブースターの貼り合わせは、全面合わせ目消しとなります。
そして、グレーの塗り分け部分があります。このグレー部分は左右に2対・4カ所、シールはついてません。

G
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

先端につなぐ、アンテナ状パーツ。
私はこのアンテナパーツを紛失してしまい、しばらくの間見つけられませんでした。この写真は無事見つかってから撮影したものですが、このときすでにブースターの組み立て全行程を終えておりました。

H
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

基底部です。
左右に、丸いポリキャップをはめこみます。
この丸いポリキャップへは、のちに組み立てるプロペラントタンクが差し込まれます。

I
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

バーニアを差し込みます。一応、塗装とスミ入れをすませています。

J
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

この差し込んだバーニアの内側、さしこんだ穴から外装パーツの赤がのぞき見えてしまってます。
これではちょっとおかしいと感じたので、いったん取り外し、黒く塗りつぶしてから、差し込むことにします。

K
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

これで赤い露出はきえました。
時間があるならこの部分、パテ埋めでもいいと思います。
今回は時間的都合で手をぬいて、塗装でごまかしています。

L
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

ブースター本体を接合させます。

M
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

これが、プロペラントタンク。
貼り合わせて、合わせ目を全面消します。

N
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

先端に差し込むパーツがあります。色が違ってみえるのは塗装前だから。
このあと塗りました。

O
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

左右のポリキャップ部にはめこみます。

P
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

これでシュツルムブースターは完成。背中に取付けます。
取付ける際には、外装パーツを1こ、とりはずしてから、差し込みます。

Q
HGUC ガーベラ・テトラ(ガンダム,プラモデル)

これで、ガーベラ・テトラ本体は組立てが完了しました。
ブースター装着でも、脚の角度などを調整してバランスを撮れば直立してくれます。

次のページでは、武器他の組み立てを全掲載・解説します。