ガンプラ(ガンダム プラモデル)の作り方をご案内。「ガンプラ120%!」

初心者にわかりやすい、プラモデル・ガンプラ製作手順、説明書と同じくらいの詳細解説!

ガンプラ 製作 徹底解説
HGUC 1/144 リック・ディアス の作り方 -2-

発売月 2006年10月 / 価格 \1,600 ~ \2,000

機動戦士Zガンダムリックディアス・(クワトロカラー)」HGUC 1/144プラモデル。ここでは、腕部の製作手順を細かくご案内しています。

HGUC リックディアス ガンプラ

RMS-099 リックディアス HGUC1/144 プラモデル


このページで組み立てる部位の写真

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
掲載は右腕のみですが、左腕も同じく組み立ててます。

改良点・塗装について
合わせ目消しは必須でした。

四角い火口のような穴の底はつや消し黒を。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

その他の必須工具

  • ニッパー
  • タミヤセメント(合わせ目消し用)
  • 瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆(エナメル用、水性用とそれぞれ用意)

Amazonです。↓ (他の方のレビュー等も見られます)

HGUC 1/144 リック・ディアス 腕部の作り方・製作手順 および 解説です


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

まずは肩の組み立てから。
裏側を黒で塗装します。
脚のときと同じく、内部の機械部分の演出のためです。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

肩の装甲パーツです。
本体色で先に塗装しておきます。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

ポリキャップと、さっき塗装した装甲パーツを間はさみ、
肩部を組み立てます。
合わせ目を消します。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

すでに組み立て済みの追加装甲部分はマスキング、耐水ペーパーから防御。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

その後、全体を本体色で塗装します。
四角い穴にはつや消し黒を塗装します。
肩の部分はこれで一段落しました。
ひじ から 下にかけての部位


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

ひじから先の部分です。
例によって裏面を黒で塗装しておきます。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

ポリキャップを中に2こ差し込んで、腕を組み立てます。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

合わせ目消しがあります。黄色く記したとこが合わせ目消しの箇所です。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

全体を本体色で塗装しています。スミ入れもありますが、堀りの深さが相変わらず浅いので苦労します。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

これは、腕に取り付けられる追加パーツ。
パーティングラインを処理し、
四角形の部分は本体色で、両端のパイプはグレーで塗装します。
パイプはスミ入れもします。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

パーツを腕へ差し込みます。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

ここから上腕部(ひざより上)。
肩と腕をつなぐパーツを組み立てます。
ポリキャップを間に挟んで、パーツをくみたてます。
これも合わせ目を消します。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

全体をグレーで塗装します。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

次の組み立てパーツ。
これはふたつ貼り合わせるだけのシンプルもの。
裏面を黒で塗装しておきます。表面はグレーで。スミ入れも。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

貼り合わせて、これでおしまい。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

これまで組み立てた腕パーツを接合します。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

さてこれは、肩と腕と胴体をつなぐ3つ又ジョイントパーツ。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

ジョイントパーツを肩へ。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

肩と腕を接合、差し込みます。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

ここまでできました。あと一息です。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

ラストは手の組み立てです。
手のひらと手の甲、人差し指で構成されていて、人差し指が(**)装着用に可動できる仕組みになっています。
指パーツ各種、先に塗装します。
指関節にはスミ入れを。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

それぞれをつないでいきます。まず太腿とさきほどの関節パーツを。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

てのひらパーツ、といってもただの四角いハコです。
これを差し込みます。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

なんだかいびつですがこれで手は形成されました。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

手の甲パーツを、本体色で塗装します。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

そして手を差し込みます。これで手は完成。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

腕に接合させます。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

腕の完成です。

次のページでは、胴体・上半身部の組み立てを全掲載・解説します。