「ガンプラ」全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開しています

ガンプラ 製作 徹底解説
HGUC 1/144 ガンダムF91 の作り方

発売月 2013年12月 / 標準価格 \1,200(税込)

HGUC 1/144 ガンダムF91の組み立て手順を撮影、掲載解説しています。ここはページ5・胴体腰部の組み立てです。

ガンダムF91 HGUC1/144 プラモデル


この頁で作成する部位の完成写真
HGUC ガンダムF91

改良点・塗装について

定番なのですがHGガンプラの腰アーマーは最初連結されています。
これは分断もできるようになっています。
HGUC ガンダムF91 プラモデル
その他は、特に難易度の高い箇所はありませんでした。


形状の変更等、おおがかりな改造などは一切致しておりません(当サイトの方針)

ペーパーがけ面はポリシングクロスで完全に消してます。

装甲板裏面は水性ホビーカラー、H-69 RLM75グレーバイオレットを塗りクオリティを上げてます。

RLM75グレーバイオレット。 Mr.カラーにも同色あります。

パネルライン(=パーツに形成された装甲のつなぎ目みたいなスジ線を指します)へのスミ入れ は、タミヤ・エナメルカラーを使用。
このときはまだマーカーを使わずエナメルカラーのみ使っていましたが、
文具店で買える画材のコピックマーカー 0.03、これなかなか使えます。

エナメルカラー(上)、コピックマーカー(下)

その他の必須工具

  • ニッパー
  • タミヤセメント(合わせ目消し用)
  • 瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆(エナメル用、水性用とそれぞれ用意)

今回はこのガイドの指示通りの色で塗っておりませんのでご了承くださいませ

HGUC 1/144 ガンダムF91 胴体腰部の作り方・製作手順 および 解説です


HGUC ガンダムF91 プラモデル

腰のアーマーの裏側には、エポキシパテを使い空洞を埋めて厚みを出します。
これにより、裏面は塗装が必須になってしまいますが、ライトグレーで塗るだけでかなり違和感がなくなります。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

脚と胴体上半身とをつなぐフレームパーツ。
横棒状のものが脚をつなぐ用。
組み合わせておきます。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

後部アーマーとフレームパーツをつなぎます。
後部アーマーの裏面は、とびでている部分はグレーで塗装をしています。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

胴体とつながるポリキャップパーツをはめこんでおきます。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

スラスターパーツを中央にさしこみます。
スラスターパーツも黒い部分とそのフチは塗装しています。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

前部スカートアーマーは、他のHGUC同様、真ん中できりはなして独立稼働させてもよいようにできています。
この写真ではまだ仕上がっていませんが、前の三角と、下端の細長いスラスター内壁の黄色は、とにかく塗りにくいです。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

こちらはその中央部。
赤いのは色分けされているパーツで、そのまま差し込んでおきます。

⑧⑧
HGUC ガンダムF91 プラモデル

スカートアーマーを中央部へ差し込み、腰部本体へはめ込みます。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

HGUC ガンダムF91 プラモデル

サイドアーマー。接合用パーツをつないで、本体へさしこみます。左右の区別はないようです。
サイドアーマーの三角マークはシールが使えます。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

これで胴体腰部は完成。
脚をつないでおきます。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

胴体上半身もつないでおきます。
これでほぼガンダム全景としては完成です。

次のページでラスト、(**)などを組み立てます。