「ガンプラ」全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開しています

ガンプラ 製作 徹底解説
HGUC 1/144 ガンダムF91 の作り方

発売月 2013年12月 / 標準価格 \1,200(税込)

HGUC 1/144 ガンダムF91の組み立て手順を撮影、掲載解説しています。ここはページ3・腕部の組み立てです。

ガンダムF91 HGUC1/144 プラモデル


この頁で作成する部位の完成写真
HGUC ガンダムF91

改良点・塗装について

特徴的な肩の文字は、シールがついています。
HGUC ガンダムF91 プラモデル

肩から突出されるフィンは、差し替えで表現。一部白く塗る必要がありました。
HGUC ガンダムF91 プラモデル

そのほか、シールがなく細かい塗装箇所もあり。ここは手間かかる部位です。
HGUC ガンダムF91 プラモデル


形状の変更等、おおがかりな改造などは一切致しておりません(当サイトの方針)

ペーパーがけ面はポリシングクロスで完全に消してます。

装甲板裏面は水性ホビーカラー、H-69 RLM75グレーバイオレットを塗りクオリティを上げてます。

RLM75グレーバイオレット。 Mr.カラーにも同色あります。

パネルライン(=パーツに形成された装甲のつなぎ目みたいなスジ線を指します)へのスミ入れ は、タミヤ・エナメルカラーを使用。
このときはまだマーカーを使わずエナメルカラーのみ使っていましたが、
文具店で買える画材のコピックマーカー 0.03、これなかなか使えます。

エナメルカラー(上)、コピックマーカー(下)

その他の必須工具

  • ニッパー
  • タミヤセメント(合わせ目消し用)
  • 瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆(エナメル用、水性用とそれぞれ用意)

今回はこのガイドの指示通りの色で塗っておりませんのでご了承くださいませ

HGUC 1/144 ガンダムF91 腕部の作り方・製作手順 および 解説です


HGUC ガンダムF91 プラモデル

HGUC ガンダムF91 プラモデル

HGUC ガンダムF91 プラモデル

最初に、肩を仕上げます。
ポリキャップを2こ、肩パーツへさしこんで、貼り合わせます。
この合わせ目は消す必要がありました。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

この合わせ目を塗装せずにどう消し仕上げるか、タミヤセメントで消して、ポリシングクロスで磨いて消しました。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

HGUC ガンダムF91 プラモデル

HGUC ガンダムF91 プラモデル

肩にはF 91のマーキングを。
ベテランさんは塗装しちゃうようですが、私はせっかくついているシールを貼りました。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

HGUC ガンダムF91 プラモデル

つづいて、ひじ関節パーツ。
3つをつなぎます。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

ひじから先の腕の部分。
関節パーツへはめこむだけです。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

反対側、上腕部も。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

間にこのパーツ(A1の26)をはさみ、肩へつなぎます。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

手首を製作します。
甲の白いパーツはなど(**)を持たせるたびにはずしますので接着不要。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

HGUC ガンダムF91 プラモデル

すべてをつなぎます。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

細かいとこですが肩の端、黒く塗装する箇所があり、
エナメルカラーのブラックを流し込みました。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

肩に収納されている、放熱フィンを仕上げます。
フィンは収納バージョンと突出バージョンと2種あり、差し替えるようにできています。
フィンは端のほうを白で塗装しました。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

HGUC ガンダムF91 プラモデル

フィンをさしこみます。
取り外しする部分なので接着なし。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

ここからは、ビームシールド部分です。
これは、ビームシールド発生部のパーツ。真ん中をパーティングラインが走っていますので、ペーパーがけで消します。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

塗装しています。 周囲の四角を、フチをオレンジイエローで、真ん中を黒で塗ります。この部分はシールがついてません。細かい作業です。
▲の部分はシールがついてたので、それを使いました。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

HGUC ガンダムF91 プラモデル

HGUC ガンダムF91 プラモデル

ビームシールドが発生している状態のパーツは、付属品製作ページに掲載します。
ここでは収納形態のパーツを仕上げています。
ビームシールド機構があるためF91の腕は左右非対称です。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

こぶしを組み立てます。
こぶしはグレーパーツと白パーツをあわせるだけ。
銃を構えるタイプとをもつタイプと2種、左右ともにあります。開いたてのひらパーツはないようです。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

腕を胴体へつなぎます。


HGUC ガンダムF91 プラモデル

腕はこれで完成です。