ガンプラの作り方,プラモデル,ガンダム
ガンプラの作り方 プラモデル,ガンダム
ガンダム プラモデル、「ガンプラ」。模型 製作の入門として最適な、HG、HGUCシリーズのガンプラを中心に、ガンプラの作り方・製作過程を細かく公開しています。

ガンプラ 製作 徹底解説
HGUC 1/144 ドラッツェ の作り方

Page 3 腕部 の 組み立て手順解説  
ここは、機動戦士ガンダム 0083にて登場した、デラーズ・フリートのモビルスーツ、MS-21C 「ドラッツェ」(DRA-C)HGUC 1/144プラモデルの作り方、3ページ目、腕部の作り方を掲載しています。
選択式となっている右腕は両方とも掲載。
機体解説や完成レビューなど総評は1ページ目に掲載しています。
HGUC ドラッツェ の作り方 page-1

スポンサーリンク

HGUC ドラッツェ (ガンダム0083)
MS-21C ドラッツェ

部位完成写真


この写真は0083登場のデラーズ・フリートバージョンのバルカン砲装備形態です。

選択式ですが拳のついた正規の腕バージョンもあります。

ガトリングガンを装備した状態。


差し替えもできなくはないのですが、右腕のひじから先までをすべて分解せねばならないので、やや手間ではあります。


差し替えで使い回すのはひじ関節部。ここだけパーツを追加購入している方もいます。頻繁に入れ替えるならその方法がよいでしょう。




なおガトリングガンの組み立て手順はpage-5 武器の組み立て で掲載する予定です。


HGUC 1/144 ドラッツェ の入手方法
再販され並ぶまでは品切れ店舗も多いです。
ですがウェブ通販では容易に入手可能。
私はあみあみ楽天市場店で購入致しました。







改良点・塗装について


特に改良などは施しておりません。
至って普通に組み立てられます。

差し替え想定のため、あえて合わせ目消しは行いませんでした。


●塗装について
胴体(=1ページめ)の製作時にエナメルカラーで塗ってるので、
同じくエナメルカラーの、胴体と同じ色を使い筆塗りしています。

その後全体的にアクリル系の水性ホビーカラー・つや消しクリアーを塗ってます。
スミ入れはコピックマーカー0.03をつかっています。


使ったのは下のペン、コピックマーカー。

その他の必須工具

●ニッパー
●タミヤセメント(合わせ目消し用)
●瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
●ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
●筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆
 (エナメル用、水性用とそれぞれ用意)


カラーガイド (説明書より)  クリックで拡大
HGUC ゲルググ ガンダム ガンプラ
今回はこのガイドの指示通りの色で塗っておりませんのでご了承くださいませ

ちなみに私が使った色
●本体ブルー・・・タミヤエナメルカラー・ロイヤルブルーに少し赤と白をまぜて明るくした混合色、その上へ水性ホビーカラー・つや消しクリアー
●関節グレー・・・水性ホビーカラー・RLM75グレーバイオレット
●モノアイレール・・・タミヤエナメルカラー・フラットブラック(つや消し黒)
●バーニアの内側・・・水性ホビーカラー・あずき色
●その他ピンポイントでみつけたもの・・・適当にありものですませました

関連ガンプラ解説作品
HG 1/550 ヴァル・ヴァロ(ガンダム,プラモデル)HGM ヴァル・ヴァロ
HGUC 1/144 ガーベラ・テトラ(ガンダム0083,プラモデル)HGUC ガーベラ・テトラ


関連製品




トレーディングカードやフィギュアなどのホビーグッズが激安!


HGUC ドラッツェ 腕部の作り方・製作手順 の 解説
ガンプラ,ドラッツェ
肩の球体スラスターです。
4箇所のスラスターは内壁が赤、シールがついています。
塗る際には前もって下地用に白を塗ります。
青い地の上からの赤は、なかなか見栄えてくれませんので。

なお、左右同じパーツ番号なので2こ同時作成も大丈夫です。
ガンプラ,ドラッツェ
塗りました。カラーガイド指定色はモンザレッドに黒少量とありますが混ぜるの手間だしあずき色でいいんじゃねの、てことで水性ホビーカラー あずき色を使っています。

そして奥の黒丸はペンを使ってスミ入れをしています。


用語:スミ入れ
ガンプラ,ドラッツェ
色を塗り終えてから、組み立てます。
まず中に、ポリキャップを1個。向きに注意。
ガンプラ,ドラッツェ
それから本体をかぶせます。
ガンプラ,ドラッツェ
ここの合わせ目は、消しません。ディテールラインとして活かします。

用語解説:
合わせ目

参考:不必要なくぼみや線(合わせ目、パーティングライン)を消そう

ガンプラ,ドラッツェ
ここからは、球体スラスターをつなぐフレーム部です。
ポリキャップを1こ差し込みます。
ガンプラ,ドラッツェ
それをさらにフレーム部パーツへ。
ガンプラ,ドラッツェ
もう1つ、ポリキャップがあります。忘れずに。
ガンプラ,ドラッツェ
そして、反対側をかぶせます。
合わせ目はほとんど目立たないので、そのままでもいいかと思いました。
ガンプラ,ドラッツェ
さっき組み立てておいた球体スラスター部につなぎます。
これでok。
ガンプラ,ドラッツェ
ここからはひじ関節です。中にポリキャップを1つ。
ガンプラ,ドラッツェ
それをはさむ要領で、ひじ関節を組み立てていきます。
ガンプラ,ドラッツェ
裏返しています。もう片側ではさみこみ中。
ガンプラ,ドラッツェ
これで関節パーツは完成。これもパーツ番号が同じなので、2こ同時作成もOKです。
右腕の選択その1 バルカン砲
ガンプラ,ドラッツェ
ここからの右腕部位は、選択式となります。
上のひじ関節パーツ一式を余分に取り寄せて組み立てておけば、その手間は省けます。いわゆる「こわした、なくした」で説明書にある部品注文カード、あれです。

で、バルカン砲の組み立てから解説します。
関節パーツを、裏面に差し込みます。向き注意。
ガンプラ,ドラッツェ
もう片側。
砲身を差し込んでおきます。
ガンプラ,ドラッツェ
バルカンパーツを組み立てます。いつでもばらして腕状態に組み換えできるよう、合わせ目は消さずにいきます。見栄えをよくするためディテールラインとしてあえて残します。
ガンプラ,ドラッツェ
これで完了。
左腕の組み立て & 右腕の選択その2 通常版
ガンプラ,ドラッツェ
解説は左腕のみの掲載です。ですが基本構造は右腕も同じ、ただ左が右にパーツ編成なっただけで変わりませんので、十分参考にできると思います。

最初に、古物がつけられる用のはめこみ穴パーツを差し込みます。
ガンプラ,ドラッツェ
つぎに、関節部位パーツを。
ガンプラ,ドラッツェ
もう片側をかぶせます。
これも、合わせ目は消さずにラインとして活かせるようにします。
ガンプラ,ドラッツェ
合わせ目の角を少しだけけずると、ラインっぽくなります。
ガンプラ,ドラッツェ
つぎ、手首。
右手首はガトリングガンがもてる形状になっています。
ガンプラ,ドラッツェ
手首は甲とてのひらとをつなぐだけ。
ガンプラ,ドラッツェ
つなぎます。
ガンプラ,ドラッツェ
後に、それぞれをつなぎ合わせます。
上腕パーツがあるのを忘れずに。
ガンプラ,ドラッツェ
腕が完成しました。(写真は右腕)

左腕もおおむね同じ手順です。
シールドとサーベルはpage-5 武器の製作 で解説します。
ガンプラ,ドラッツェ
胴体へ。

次のページでは、脚のかわりの、プロペラント・タンク(以下より下部タンクと略します)の組み立てを全掲載・解説します。
4.下部タンクを組み立てる》
作り方一覧
1.胴体・上》 2.頭部》 3.腕部》 4.下部タンク》
5.武器〜完成》      
 
この「HGUC 1/144 ドラッツェ」作り方ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説してありますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。
(C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.