「ガンプラ」全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開しています

ガンプラ 製作 徹底解説
HGUC 1/144 ディジェ の作り方 Page-5

発売月 2018年12月 / 箱掲載価格 1,900円(税別)

機動戦士Zガンダム登場、「ディジェHGUC 1/144プラモデルの作成手順をすべて撮影、作り方を細かくご案内いたします。ここでは胴体・腰部の組み立て手順を掲載しています。

最初から見る→
全撮影|HGUC・ディジェ の作り方、製作解説》

HGUC ディジェ (ガンダム)

HGUC 1/144 ディジェ

 

このページで完成させる部位写真
HGUC ディジェ (ガンダム)

製作時気になったところ・アレンジ・加工など

切った・削ったの改良はしていません。説明書のままに組み立てています。

後部のバーニアの内壁は、設定通り赤く塗装ました。(シールはついてません。)
ガンプラ,ディジェ

ペーパーがけ面はポリシングクロスで消してます。
ハセガワ・スーパーポリッシングクロスでから拭きするだけで、ペーパーがけ跡のザラザラ部が消せます。
 
Amazon.co.jpでも普通に入手できます。

装甲板裏面は水性ホビーカラー、H-69 RLM75グレーバイオレットを塗りクオリティを上げてます。

RLM75グレーバイオレット。 Mr.カラーにも同色あります。

パネルライン(=パーツに形成された装甲のつなぎ目みたいなスジ線を指します)へのスミ入れ は、超極細ペンのコピックマーカー0.03(文具店で入手)と、ハケ付きエナメルカラースミ入れ用 を両方使用。

エナメルカラー(上)、コピックマーカー(下)

その他の必須工具

  • ニッパー
  • タミヤセメント(合わせ目消し用)
  • 瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆(エナメル用、水性用とそれぞれ用意)

今回はこのガイドの指示通りの色で塗っておりませんのでご了承くださいませ

Amazonです。↓ (他の方のレビュー等も見られます)

胴体腰部 組立手順解説 [HGUC 1/144 ディジェ]


ガンプラ,ディジェ

ガンプラ,ディジェ

他のガンプラと同様、フレーム軸となるパーツに前後左右のスカートアーマーを装着していけば完成、という手順です。
まずは脚部接合用のT字状のフレームパーツを差し込みます。


ガンプラ,ディジェ

ガンプラ,ディジェ

四角いパーツもつけます。


ガンプラ,ディジェ

ガンプラ,ディジェ

てっぺんの棒状突起(緑の矢印)に、丸形状のポリキャップを差し込みます。


ガンプラ,ディジェ

ガンプラ,ディジェ

ここからは別パーツ。
前部分のスカートアーマー。
前部アーマーは二分割されています。その小さい方をはめ込みます。
アーマー裏面はグレーで塗っております。


ガンプラ,ディジェ

ガンプラ,ディジェ

歴代HGUCガンプラだと左右つながっていて任意で切り離す前アーマーでしたが、
HGUCディジェは最初から分割されております。


ガンプラ,ディジェ

ガンプラ,ディジェ

それを、さっき組み立てておいたフレーム部へ。


ガンプラ,ディジェ

ガンプラ,ディジェ

つづいて、もうひとつの前触アーマーをつなぎます。


ガンプラ,ディジェ

反対側も装着します。


ガンプラ,ディジェ

ここからは後部アーマー。
その内側につけられている3連バーニア。
内壁を赤で塗装します。このとき使用したのはカラーガイドにて記載あった色混ぜ赤ではなくサーモンピンク100%。


ガンプラ,ディジェ

バーニアの根元部。3連の先端はバーニアの奥に値される位置にきますので、黒く塗りました。


ガンプラ,ディジェ

ガンプラ,ディジェ

つなぎます。


ガンプラ,ディジェ

ガンプラ,ディジェ

それを後部アーマーへ。
後部アーマーも裏地はグレーで塗っております。


ガンプラ,ディジェ

(**)の装着パーツを差し込んでおきます。


ガンプラ,ディジェ

そして腰部パーツへ接合します。


ガンプラ,ディジェ

ここまで、できたら、先に脚部をつなぎます。
脚部の組み立て方は前ページで掲載しております。
脚部の組み立て》


ガンプラ,ディジェ

ガンプラ,ディジェ

左右の向き間違いに注意。


ガンプラ,ディジェ

最後に両脇のサイドアーマーをつなぎます。
ポリキャップを差し込んでから。


ガンプラ,ディジェ

左右間違いに注意です。


ガンプラ,ディジェ

これで、胴体・腰部が完成しました。


ガンプラ,ディジェ

ガンプラ,ディジェ

上半身とつなぎます。

次のページでは、(**)や背中のフィンを組み立てて、すべて完成です