「ガンプラ」全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開しています

ガンプラ 製作 徹底解説
1/100 旧キット ゾゴックの作り方 -4-

発売月 1982年12月 / 価格 \800(当時)
機動戦士ガンダム  1/100スケールプラモデル
試作型モビルスーツ、ゾゴック(MSM-08)旧キットの製作手順を掲載します。このページでは背中のバックパックなどの制作過程を掲載します。

1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

ゾゴック 1/100 プラモデル

 

このページで完成させる部位写真
旧キット ゾゴック 1/100


改良点・塗装について

ブーメランカッターは肉抜き状態どなっています。これをパテ埋め整形するのセオリーですが今回は時間都合でなにもせずに組み立てております。
1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

すべての課程で接着剤は必須です。そして合わせ目消しも必要です。

ペーパーがけ面はポリシングクロスで完全に消してます。
ハセガワ・スーパーポリッシングクロスでから拭きするだけで、ペーパーがけ跡のザラザラ部が消せます。
 
Amazon.co.jpでも普通に入手できます。

装甲板裏面は水性ホビーカラー、H-69 RLM75グレーバイオレットを塗りクオリティを上げてます。

RLM75グレーバイオレット。 Mr.カラーにも同色あります。

パネルライン(=パーツに形成された装甲のつなぎ目みたいなスジ線を指します)へのスミ入れ は、超極細ペンのコピックマーカー0.03(文具店で入手)と、ハケ付きエナメルカラースミ入れ用 を両方使用。

エナメルカラー(上)、コピックマーカー(下)

その他の必須工具

  • ニッパー
  • タミヤセメント(合わせ目消し用)
  • 瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆(エナメル用、水性用とそれぞれ用意)

今回はガイドの指示通りの色で塗っておりませんのでご了承くださいませ

作り方・製作手順解説 バックパック [ 1/100 ゾゴック]


1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

バックパック土台を組み立てます。上下を貼り合わせ、胴体とは別のグレーにて塗装します。


1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

小物を先に仕上げておきます。
これは動力パイプ。縦割れになっています。
接着して、合わせ目を消し、塗装と節のスミ入れを施します。


1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

これはタンク。この塗装色は胴体のグレーと同じ色を使用しています。


1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

追加パーツです。
それぞれ接着して、グレーで塗装です。


1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

できた追加パーツを、バックパック本体へ接着します。向き間違いに注意です。


1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

下部にはバーニアを接着します。説明書には記載ありませんでしたが昨今のガンプラの例にならって、バーニア内壁は赤く塗りました。
裏面の接着面にも、ダメ押しの接着剤塗りをします。


1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

さっきのタンクを両端に接着です。


1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

これで、バックパックは完成です。


1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

背中へ設置します。


1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

最後に、動力パイプを接着します。これで完成です。
ブーメラン・カッター


1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

ブーメランカッターは全部で5対10個ありますが、接着する位置ごとにパーツ番号が違います。違う場所への接着に注意です。
パーティングラインがほぼ段差状態になっておりますので消します。


1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

このカッターは肉抜き状態になっています。ここをパテ埋めし整形するのが基本ですが、今回は時間的都合でそのままでいってます。


1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)

頭頂部へ接着します、
カッターは基本接着固定です。

完成 1/100 ゾゴック
1/100ゾゴック(ガンダム,プラモデル)