「ガンプラ」全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開しています

ガンプラ 製作 徹底解説
FG(ファーストグレード) 1/144 シャア専用ザクII(MS-06S)の作り方

発売月 1999年12月 / 価格 \300

このページは、FG(ファーストグレード)プラモデル1/144シャア専用ザクIIでの作り方 2ページ目です。昔のやり方そのままにつくっておりお恥ずかしいかぎりではありますが何とぞよろしくお願いします。

FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

MS-06s ザクII FG 1/144 プラモデル


このページで作る部位の完成写真
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)


製作にあたり気をつけた点、改良点、塗装について

接着剤による合わせ目消しをせず、昔の技法つまりパテ埋めですべて行っています。
いまとなれば合わせ目消しは接着剤で十分行えるので、無理してここに掲載してある通りパテを使うのは必須ではありません。そのあたりをご考慮いただきたく、一時は閉じたこのページですが「掲載してほしい」のリクエストもあるようなので復活させることになりました。

主な使用工具

  • ニッパー
  • タミヤセメント(合わせ目消し用)
  • 瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆(エナメル用、水性用とそれぞれ用意)

@
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

まずは、肩の部分を組み立てます。
右肩(シールドのある方)からスタートします。
肩と胴体とをつなぐジョイントパーツ、ここにもパーティングラインがありますので、ペーパーがけでて消します。

その後、このジョイントは黒で塗りつぶします。

A
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

ジョイントの向きを気をつけながら、肩を組み立てます。
このジョイントの向きには注意。まちがえてさかさまはめこんだとき、はずすのに手間どります。

B
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

接着後、合わせ目消しとボディカラーで塗ります。

C
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

シールドを仕上げます。
ふちが尖っている感があったので、2000番くらいのペーパーがけでならし、ボディカラーで塗装します。

D
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

このようにシールドの接合穴に細い棒(写真では筆の軸)を差し込んで手に持たないようにして塗装してます。
(シールドを肩にはめこむのは最後になります)

E
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

左肩をくみたてます。
要領は右肩と同じです。

F
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

HGモデルならスパイクアーマーの内側に肩の部位が別にいるのですが、FGではスパイクアーマーは肩と一体化されています。
なので貼り合わせて合わせ目消しだけでOK。(写真は、パテ埋めでやってます)

G
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

パテ乾燥後のならし直後。まだ1000番での仕上げ研摩が残っています。

H
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

塗装はまずサーフェイサーを吹くのが基本ですが当時筆塗りしかできなかった環境だったので間に合わせでエナメルカラーの白を下地に白を塗りました。一回だけではきれいにならないので何度か塗ります。

I
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

先ほどの肩に、腕部分のパーツを接合します。
このパーツは装甲裏がみえることはないので、裏に黒を塗るのは不要です。
接合前に、先にこの部分を塗っておきます。
接合してからここを塗るのは至難の技だから。

J
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

仕上げました。
ちなみにHGUCでは、ポリキャップで差し込むだけなのでこういう「パーツを挟み込んで接着」という過程はありません。FGならではです。

K
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

左肩も同じ要領で組み立てます。

L
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

ひじの部分の組み立てです。
このパーツは装甲裏がみえますので、裏を黒で塗っちゃいます。

M
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

このパーツも、さっきの腕と同じ理由で先に塗っておく場所がありますので、塗ります。

N
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

組み立て&仕上げが完了しましたら、ボディカラーで塗装します。
手の接合部分に黒を塗ることをわすれずに。

O
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

ひじのアブソーバ部をグレーでぬります。

P
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

右の腕も同じ要領で。

Q
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

ここまで、できました。
ザク・マシンガン の 組み立て

@
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

右手にもたせるザク・マシンガンですが、マシンガンの弾層(円盤)のパーツ。
中ががらんどうでお盆状態。
なので、このお盆はパテで埋めてしまいます。

A
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

パテは、容積が大きい箇所への埋め込みはエポキシパテを使うのが一般的ですが、今回たまたま切らしてしまっていたので、ラッカー系のパテで強引にいきます。乾燥後減衰するので、多いめに。
できれば、一気に盛るのではなく、少しずつ、盛っては乾燥させ、をくりかえした方が早いと思います。一気に量盛ると完全硬化まで3日かかります。

B
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

完全に硬化したら、削って、成形します。
このように、ものたりない部分は勝手にプチ改造してしまいます。

C
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

裏面だけ先に色(黒鉄色)を塗りました。

D
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

マシンガンの本体パーツ、パーティングライン(生産上できた余計な線)を削って消します。

E
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

マシンガンは、黒鉄色を使うとリアルな仕上がりになるようです。
メタリック系の塗料は、メタル質がすぐ沈むのでひんぱんにかくはんしながら塗っていきます。
これを怠ると色がうすい、そして色ムラをおこしちゃいます。

F
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

マシンガンは適当な箇所でクリップではさみ、全体を塗ります。(はさんだ箇所はすべてが乾燥しクリップをはずしてから塗装します)
写真では、うっすらと下地が残ってます。もう1回塗ります。

G
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

センサーの部分です。
これは、持つところがせまいのでまずジョイント部分だけを先にぬります。その部分が乾燥してから他の部分を塗ります。

H
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

センサーのファインダー部にあたる部分は塗ってもよいのですがかなり高難易度なのでプラモ地色をそのまま利用します。(つまり塗らずにおくということです)
HGUCではシールが付属されている箇所です。

I
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

左手用のグリップの塗装です。これもジョイント部を先に塗っておき、乾燥後マシンガンにくっつけてから(接着しません)グリップ全体を塗ります。

J
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

マシンガンを持つ手の塗装です。こぶしの部分は全体的にグレーで。

K
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

手の甲の部分はボディカラーで。
矢印の部分のグレー塗装をわすれずに。

L
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

マシンガンを挟み込むようにして、こぶしを接着します。マシンガンと手は接着しません。気をつけて。

M
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

弾倉を接着します。
これで腕部は出来上がりです。

まだ左腕のシールドは付けずにおきます。

N
FGシャア専用ザクの製作(プラモデル,ガンダム)

左手の甲の写真です。
マシンガンの弾倉と同じく、空洞がありすぎるのでパテでうめてしまいます。
左腕も同じ要領で作成します。
これで、腕は完成です。(画像わすれました)

次のページは、頭部と胴体部の詳細解説です。