ガンプラ(ガンダム プラモデル)の作り方をご案内。「ガンプラ120%!」

「ガンプラ」全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開しています

ガンプラ 製作 徹底解説
HG 1/144 ガンダムダブルオースカイ の作り方 -4- 脚部編

発売月 2018年8月 / 箱掲載小売価格 1,500円

ガンダムビルドダイバーズ、「ガンダムダブルオースカイ」の、HG 1/144プラモデルの作成手順をすべて撮影、完成画像および作り方を細かくご案内しています。
このページは脚部編。

HG ガンダムダブルオースカイ (ガンダム)

ガンダムダブルオースカイ HG1/144 プラモデル


このページで完成させる部位の写真
HG ガンダムダブルオースカイ

他の部位同様、塗装なし、で組み立てています。ひざの小さなグリーンはシール。
全体をつや消しクリアーで塗るのだけ行いました。


改良点・塗装について

一部のパーツでみられたパーティングラインは消し、つや消しクリアーの筆塗りだけはしました。

スミ入れはマーカーペンのみ使用してお手軽スミ入れ。
合わせ目消しはほとんど行わず、というより行う必要がほとんどなく組み立てられました。

無塗装なのでゲート処理やパーティングライン消しのためペーパーがけを行いできた面のザラザラ跡は、ポリシングクロスで完全に消しました。
ハセガワ・スーパーポリッシングクロスでから拭きするだけで、ペーパーがけ跡のザラザラ跡は消せます。320番の耐水ペーパーで荒削り→600番→1000番と、徐々に目の細かいペーパーにかえていき、最後に2000番で仕上げ、それからクロスでふきました。

Amazon.co.jpでも普通に入手できます。

 

スミ入れで使用したペン。
超極細ペンのコピックマーカー0.03。文具店で入手しました。

その他の使用工具

  • ニッパー(パーツ切り離し)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 水性ホビーカラー・つや消しクリアー)

今回はこのガイドの指示通りの色で塗っておりませんのでご了承くださいませ

HG 1/144 ガンダムダブルオースカイ 脚部の作り方・製作手順 および 解説です

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

ひざ関節です。ポリキャップを、2こ差し込みます。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

そのパーツの両側をはさむように、ひざ関節用パーツを2つ、つなぎます。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

ひざのうしろ、白い装甲パーツを差し込みます。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

これは、ひざから下にかけての白い部位。
根元、足首にあたる部分ですがここにもポリキャップを。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

さっきのひざ関節部位をつなぎます。前後向き間違いに注意。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

もう片方のひざ下パーツと貼り合わせます。
合わせ目は、消さなくて大丈夫。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

足首のH型のパーツを押し込みます。
このパーツはど真ん中にゲート跡があります。連結されたパーティングラインともどもペーパーがけで消します。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

ひざ下の追加装甲部位をつなぎます。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

ひざの白い追加装甲部です。下の方に、グリーンのワンポイントがありますが、ここはシールが使えます。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

ここからは太腿部です。前後からはさむようにパーツをつなぎます。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

合わせ/消し不要。ラインとして活かせます。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

最後、足先の部位です。
足裏は青で3つのパーツから構成されています。それぞれをつなぎます。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

白いパーツは、足の甲部分。
裏面からポリキャップを1個はめこみます。
そして足裏の青い部位と接合します。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

足首関節用フレームパーツ。これをさっきはめこんだポリキャップに押し込みます。ややかため。
足は左右とも同じ形状で区別がないので2コ同時作成もOK。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

そして脚につなぎます。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

そしてこれは、胴体との付け根部分です。
ポリキャップを1こはめこんで、パーツを貼り合わせます。
これも合わせ/は消さずともいけそうです。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

太腿部位へ差し込みます。向き注意。

ガンプラ,ガンダムダブルオースカイ

これで脚が完成しました。写真ではもう片方も作成済みですが行程手順は同じなので掲載は略します。

次のページでは、脚部の組み立てを全掲載・解説します。