「ガンプラ」全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開しています

ガンプラ 製作 徹底解説
HGUC 1/144 メッサーF02 (閃光のハサウェイ)の作り方

発売月 2021年9月 / 公式価格3,190円(10%税込)

プレミアムバンダイからの発売であり店頭販売されてないガンプラ、HGUC 1/144 メッサー F02型 (ガンダム閃光のハサウェイ) 作成手順をすべて撮影。 作り方手順を画像解説いたします。

HGUC メッサーF02 (ガンダム閃光のハサウェイ)

HGUC 1/144 メッサーF02型

 

マフティーが運営する量産型モビルスーツ「メッサー F01型」に、脚部にホバー走行の継続時間を向上させるリフティング・フレアを追加した機体。地上でのホバー走行継続時間が向上しています。


箱写真
HGUC メッサー F02型 箱絵

HGUC メッサー F02型 箱絵

HGUC メッサー F02型 箱絵

HGUC メッサー F02型 箱絵

完成写真
HGUCメッサーF02

HGUCメッサーF02

HGUCメッサーF02

HGUC メッサー F02型 箱絵

付属品は、ロング・ビーム・(--)、ビーム・(XX)、シールド。
HGUCメッサーF02

後部スラスターは上下可動、カバーも開閉します。
HGUCメッサーF02

後部腰アーマーは開閉機構ありますが、はずれやすい。
HGUCメッサーF02

パーツ写真

HGUCメッサーF02,ガンダム

HGUCメッサーF02,ガンダム

HGUCメッサーF02,ガンダム

HGUCメッサーF02,ガンダム

HGUCメッサーF02,ガンダム

HGUCメッサーF02,ガンダム

HGUCメッサーF02,ガンダム

パーツは組み立ての前に洗うことをおすすめします。
参考:開封したらまずパーツ洗浄

製作時気になったところ・アレンジ・加工など

今の所、気をつけねばならない箇所は見当たりません。


塗装について

今回、パーツの色をそのまま活かした、無塗装でいっております。ただ、脚ホバー部の裏、腰の装甲裏は公式サイトの掲載画像を見る限りでは、濃い赤のようなので、ワインレッドで塗りました。
また表面も質感を上げるためつや消しクリアーを塗っています。いずれも筆塗りです。
シールも貼ってからつや消しクリアーを重ねて塗っています。

フレームパーツに至ってはつや消しクリアーも塗っておりません。

もしかすると製作途上で塗装が必要な箇所が生まれるかもしれませんが、そのときは追記致します。

ペーパーがけ面はポリシングクロスで消してます。
ハセガワ・スーパーポリッシングクロスでから拭きするだけで、ペーパーがけ跡のザラザラ部が消せます。
 
Amazon.co.jpでも普通に入手できます。

パネルライン(=パーツに形成された装甲のつなぎ目みたいなスジ線を指します)へのスミ入れ は、超極細ペンのコピックマーカー0.03(文具店で入手)と、ハケ付きエナメルカラースミ入れ用 を両方使用。

エナメルカラー(上)、コピックマーカー(下)

その他の必須工具

  • ニッパー
  • タミヤセメント(合わせ目消し用)
  • 瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆(エナメル用、水性用とそれぞれ用意)

今回はこのガイドの指示通りの色で塗っておりませんのでご了承くださいませ

胴体・上半身部


ガンプラ,メッサーF02

ガンプラ,メッサーF02

胸部内部骨格部です。稼働パーツを差し込みます。下から上へ。


ガンプラ,メッサーF02

その後水平にします。


ガンプラ,メッサーF02

ガンプラ,メッサーF02

首関節をつなぎます。前後向き間違いに注意です。


ガンプラ,メッサーF02

ガンプラ,メッサーF02

かわって、胸部装甲を組み立てます。
黄色いのは胸部インテーク部(と思われる箇所)。色分けされています。
写真では向こう側になってて見えませんが各スリットにはスミ入れを施しています。


ガンプラ,メッサーF02

ガンプラ,メッサーF02

さらに色分けされているベージュ部を付けます。


ガンプラ,メッサーF02

腕が接合される関節パーツを差し込みます。


ガンプラ,メッサーF02

左右差し込んで、正面を向けた写真です。


ガンプラ,メッサーF02

ガンプラ,メッサーF02

胸部上側のフレームパーツを差し込みます。


ガンプラ,メッサーF02

脇にあたる部位の装甲も差し込みます。左右あります。


ガンプラ,メッサーF02

ガンプラ,メッサーF02

さらに装甲を追加します。


ガンプラ,メッサーF02

ガンプラ,メッサーF02

腹部コクピット部位です。
このパーツは切り離し箇所がまぎらわしくなってます。
あやまって差し込み突起まで切らないよう注意です。
グレー関節パーツを差し込みます。


ガンプラ,メッサーF02

もうひとつ、フレームパーツを差し込みます。
これ、安定感があまりないですが、それで合ってます。


ガンプラ,メッサーF02

ガンプラ,メッサーF02

反対側をはり合わせます。
ここの合わせ目は、目立たないので消しませんでした。


ガンプラ,メッサーF02

ガンプラ,メッサーF02

さらにパーツを追加します。


ガンプラ,メッサーF02

接合用フレームパーツももうひとつ差し込みます。


ガンプラ,メッサーF02

ガンプラ,メッサーF02

ベージュの枠状のは、腹部です。そこへコクピット部位を差し込みます。


ガンプラ,メッサーF02

腹部の二重関節稼働部位です。


ガンプラ,メッサーF02

それを腹部とつなぎます。


ガンプラ,メッサーF02

90度稼働させて枠の中へしまい込みます。


ガンプラ,メッサーF02

ガンプラ,メッサーF02

もうひとつ、パーツを差し込みます。


ガンプラ,メッサーF02

追加されるパーツです。2色分けされているこのパーツをはりあわせます。


ガンプラ,メッサーF02

それを腹部へ差し込みます。


ガンプラ,メッサーF02

最後に、胸部と腹部を連結させます。


ガンプラ,メッサーF02

これで、上半身部位が完成しました。背中のバックパックなどは5ページ目にて記載します。
次ページ解説では、頭部と、(--)とシールドを先に組み立てています。