「ガンプラ」全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開しています

ガンプラ 製作 徹底解説
HG 1/144 アリオスガンダム (ガンダム00)の作り方

発売月 2008年12月 / 小売価格 1,500円(税別)

機動戦士ガンダム00登場、第二期シリーズにてアレルヤ・ハプティズムの搭乗したMS、「アリオスガンダムHG 1/144プラモデルの作成手順をすべて撮影、完成画像および作り方を細かくご案内いたします。

HG アリオスガンダム (ガンダム)

HG 1/144 アリオスガンダム

 

ガンダム・キュリオスの後継機。アレルヤの専用機として開発されました。キュリオス同様航空機形態への変形機構を持っています。
特徴的な両肩の突起はGNフィールドを発する攻防一体の(**)。飛行形態時にはクロースタイルにより必殺”カニ挟み”で敵MSを両断してしまいます。

支援機GNアーチャーを連結することで出力が向上。


箱写真

完成写真

飛行形態へ変形可能。

差し替え無し、完全変形です。

パーツ写真

HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

パーツは組み立ての前に洗うことをおすすめします。
参考:開封したらまずパーツ洗浄


塗装について

全部塗っていますが、掲載に関しては、塗装の過程はなるべく最低限なものにし、無塗装でも最後まで通しで見られるようにしております。

シールがついている箇所も塗装しています。
HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

ペーパーがけ面はポリシングクロスで消してます。
ハセガワ・スーパーポリッシングクロスでから拭きするだけで、ペーパーがけ跡のザラザラ部が消せます。
 
Amazon.co.jpでも普通に入手できます。

装甲板裏面は水性ホビーカラー、H-69 RLM75グレーバイオレットを塗りクオリティを上げてます。

RLM75グレーバイオレット。 Mr.カラーにも同色あります。

パネルライン(=パーツに形成された装甲のつなぎ目みたいなスジ線を指します)へのスミ入れ は、超極細ペンのコピックマーカー0.03(文具店で入手)と、ハケ付きエナメルカラースミ入れ用 を両方使用。

エナメルカラー(上)、コピックマーカー(下)

その他の必須工具

  • ニッパー
  • タミヤセメント(合わせ目消し用)
  • 瞬間接着剤(合わせ目消し、時間がないとき用)
  • ヤスリ、耐水ペーパー(ペーパーがけ用)
  • 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆(エナメル用、水性用とそれぞれ用意)

今回はこのガイドの指示通りの色で塗っておりませんのでご了承くださいませ

Amazonです。↓ (他の方のレビュー等も見られます)

胴体・上半身部


HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

グレー部から仕上げます。
パーツは2つ構成。 ポリキャップを中央に1こはめこんで、その上から押し込むようにパーツを差し込みます。


HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

オレンジ部。
正面側のパーツをグレー部にはめ込みます。


HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

ポリキャップを2こ、中へはめ込みます。肩の関節部位です。


HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

そして、背中側を差し込みます。このとき、えりに当たる部分に、合わせ目が発生します。


HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

つぎは胸のアクセントにもなっている、黄色いパーツ。
これ、、根元部分だけはグレー設定のようでした。
胴体へ差し込みます。左右の向き間違いにならないようにできてます。


HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

首用ポリキャップを差し込みます。
背中の変形機構部 製作


HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

背中の変形パーツを組み立てます。
ポリキャップを先端にさしこんで、パーツを貼り合わせるだけのものですが、合わせ目を消す部分と消さない部分が入り交じってます。


HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

くぼんだ部位にはグリーンのシールがついています。写真は塗っているところ。


HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

背中の長四角のでっぱりへ、差し込みます。
向きに気をつけて。


HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

固定パーツ。
これにはパーティングラインがあります。ペーパーがけなどで消しておきます。


HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

さっきの上からかぶせるように、差し込みます。


HG・アリオスガンダムの製作(プラモデル)

MS形態のときはこのように下側へ下ろしておきます。
これで胴体・上半身は完成です。

次のページでは、頭部の組み立てを全掲載・解説します。