初心者にやさしい、ガンダム系プラモデルを主体とした製作・作り方手順を掲載中。「ガンプラ120%!」

ガンダム系プラモデル、「ガンプラ」。HGシリーズを中心に、80年代の旧キット、MGも。全行程を撮影、製作・作り方を細かく公開。

基本技マニュアル 筆塗り技   重ね塗りの極意(というほどのものでもない)


濃い色の上に明るい色を重ねるとき、
サーフェイサーを使わない場合、水性カラーだとどうしても発色が弱いので、何回か重ね塗りをすることになります。
たとえば、スラスターの中に色をつけるとか。

重ね塗りの前にコーティングをするだけ

この重ね塗りがけっこうめんどいもので、
せっかく塗った1回目の色が溶け出してまたふりだしにもどってしまったり。
1回目に塗ったものがやわらかくなり筆のスジができてしまったり。

そこで、すごくシンプルな重ね塗りムラ解消法を、お伝えいたします。

用意するもの
エナメル系の同色塗料

これだけです。

ようするに、1回目の塗装が溶け出さないように、水性カラーの後は同じ色のエナメル塗料でコーティングするわけです。

たとえば、白を塗る場合。
1回目の塗装を水性カラーで塗り、乾いたら、その上からエナメル系の白を塗ります。
それが乾いたら、その上にまた水性カラーの白を塗ります。

それでまたエナメル系白を塗り下地を完了させ、その上から本命の色を水性カラーで塗装。
これでok!

でも、最終的にどっちを表面にしておかねばならないのかを把握せねばなりません。

うっかり、エナメル系でフィニッシュしその後エナメルカラーでスミ入れをすると溶け出して大変なことになります。

なお、下地ではなく本命色を何度も重ね塗りする場合はエナメル系クリアーを使います。可能なかぎり薄く。

デメリットは、ふだんの倍塗装するので、それだけ余分に時間と手間をかけてしまうこと、やりすぎるとあつぼったくなりディテールラインが埋まる可能性があること。

よって、それぞれの塗装層はなるべく薄めにおこないたいですね。

エナメル系塗料は田宮模型などから発売されています。

もちろん、サーフェイサーが使えればこんな手間省けるのですが、
どうしてもスプレー使えない家庭だってあります。ウチもそうです。

関連基本技

はみださない接着剤の塗り方

プラモの基本技・開封したらまずはパーツを洗います

プラモデル, デカールもう失敗はこわくない。デカール・シールの貼り方

色混ぜを省けるおすすめ水性ホビーカラー

合わせ目を、あえて消さないで活かす方法