gunpla120


ガンプラ(ガンダム プラモデル)製作の行程・手順を徹底的に細かく掲載しています



ガンプラ製作徹底解説 HG 1/144 ガンダム Gセルフ の作り方


PAGE  5 脚部 を組み立てる

ガンダム・Gのレコンギスタの主役モビルスーツ、GセルフのHG 1/144プラモデルの作り方を掲載しています。
こちらは4ページ目です。

さいしょからみる》

スマートフォンの場合、右側に解説が隠れている場合があります。


スポンサードリンク

ガンダム Gセルフ プラモデル 
■Gセルフ解説(引用です)
《ガンダムGのレコンギスタ登場 宇宙より突如運ばれてきた、どこの国にも属さない謎のモビルスーツ。パイロットはベルリ、アイーダ、ラライヤの3人のみで他の者には稼働させることができない。》
◆DATA
型式番号 YG-111
全高   18.0m
重量   31.1t
装備   バルカン砲、     ビーム・、ビーム・(アメリア製)、
ビーム・×2、 シールド、 シールド(トワサンガ製)、
大気圏用バックパック ほか

搭乗者
ベルリ・ゼナム、アイーダ・スルガン、ラライヤ・マンディ




脚部の組み立て
部位完成写真
ガンダムGセルフ プラモデル
ガンダムGセルフ プラモデル

ガンダムGセルフ プラモデル

ガンダムGセルフ プラモデル

太腿の付け根関節を組み立てています。


写真の通り、ポリキャップを差し込んで、パーツを組み立てています。
ガンダムGセルフ プラモデル

ガンダムGセルフ プラモデル

ガンダムGセルフ プラモデル

ガンダムGセルフ プラモデル

次に、ひざ関節。

先に小さなシールを貼ります。
そして、組み立てを続けていきます。


このひざ関節は、フレームパーツの機能も兼用しているみたいです。
ガンダムGセルフ プラモデル
さきほど組み立てておいた太腿付け根関節パーツを差し込みます。
ガンダムGセルフ プラモデル
ここから、外殻装甲の組み立てです。

太腿にあたるパーツを、挟みこむようにつなぎます。
ガンダムGセルフ プラモデル
ひざ下の脚部の組み立ての前に、
足首関節にあたる部分を仕上げておきます。


ガンダムGセルフ プラモデル

そして、それらを接合します。

ここも、前後はさみこむような感じで。

こんな感じです。

大きく穴が空いているとこ、を、これよりとりかかります。
ガンダムGセルフ プラモデル
これが、その穴のとこに接合されるパーツ。


青い縁取りは塗装をするか、シールを貼ります。

今回塗装ではなく、シールを貼っています。

シールは左右、貼ります。
 ガンダムGセルフ プラモデル  
できたら、それを穴へ差し込みます。
 ガンダムGセルフ プラモデル  
ここまで、できました。
 ガンダムGセルフ プラモデル
ひざ。
まずシールを貼ります。
 ガンダムGセルフ プラモデル
その上から、青クリアパーツをかぶせます。
 ガンダムGセルフ プラモデル
さらにその上からひざパーツをかぶせます。
 ガンダムGセルフ プラモデル
さらにその部分にシールを貼ります。
 ガンダムGセルフ プラモデル
さらにさらにその上に青クリアパーツをはめ込みます。

 ガンダムGセルフ プラモデル
ミルフィーユのようにだんだん重ねを施したひざの組み立て完了です。
 ガンダムGセルフ プラモデル
後部ふくらはぎ部。
推進スラスターでもあるグレーのパーツを差し込みます。
 ガンダムGセルフ プラモデル

ガンダムGセルフ プラモデル
 
ここからは、足先部の製作です。
まずフレームとなるグレー部の製作から。

ポリキャップを中にはめ込み、パーツを貼りあわせます。
 ガンダムGセルフ プラモデル  
足の裏パーツへつなぎます。
 ガンダムGセルフ プラモデル
かかとの部分は、黒く塗装する部位がありました。(シールはついてません)
 ガンダムGセルフ プラモデル
足の甲にあたる白いパーツを差し込みます。
 ガンダムGセルフ プラモデル
両サイドには塗装かシールを貼る白いストライプがあります。
 ガンダムGセルフ プラモデル
つま先にも。
 ガンダムGセルフ プラモデル
こんな感じ。
 ガンダムGセルフ プラモデル
これより、組み立てた足をつなぎますが、その前に、
足首ガード装甲板をはめこんでおきます。
 ガンダムGセルフ プラモデル
その後で、足を接合します。
 ガンダムGセルフ プラモデル
脚らしくなりました。
 ガンダムGセルフ プラモデル

ガンダムGセルフ プラモデル

ガンダムGセルフ プラモデル

最後に、ひざあたりについているスラスター部を組み立てます。
クリアパーツを挟んで、組み立て。
 ガンダムGセルフ プラモデル
できたら、ひざへ接合します。
 ガンダムGセルフ プラモデル
これで、脚は完成。


同じ要領で、もう片方の脚も製作します。
 ガンダムGセルフ プラモデル
前頁にて製作しておいた腰部へつなぎます。
 ガンダムGセルフ プラモデル
完成した腰部胴体。
 ガンダムGセルフ プラモデル
せっかくなので上半身と接合します。
ガンダムGセルフ プラモデル
腕ふくめ、上半身が完成しました。


つぎのページでラスト、や背中の大気圏パックなどを組み立てます。


 つぎ、(**)その他の組み立て へ》



   ↑↑↑このページの一番上へ↑↑↑
   全ページ一覧

[1]頭部》
[2]胴体・上》
[3]胴体・腰部》
[4]腕》
[5]脚部》
[6](**) 他》

    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004~ ガンプラ120%! all right reserved.